歌は3分間のドラマ

インストラクター
まついえつこです。


フジテレビ『林修のニッポンドリル』を
ご覧いただきありがとうございました!
(2020年12月16日放送)

私はA Iさんをご紹介させていただきました。
ゴスペル仕込みの母音の強調のし方が絶妙ですね。

ご自身で歌う際、ぜひ真似してみてください!

 
さて、
番組が選出した30名の歌手に入っていませんでしたが、

私が推すのはLiSAさんです。

彼女自身で作詞する曲が多いですが、
言葉に対しての感情表現が上手いなぁと思いますね。

大ヒット中の映画『鬼滅の刃 無限列車編』
主題歌「炎」を例に挙げるとすれば、

切なさ

激しさ

もどかしさ

悔しさ

憂い

愛しさ

などを、
息の混ぜ方や発音の立たせ方で表現しています。

慟哭のような「Oh〜」は、
こちらまで胸が熱くなりますね。

私はよく「歌は3分間のドラマ」と
レッスンの際に生徒さんにお伝えします。

LiSAさんはまさにドラマの主人公や
語り部になっていると思いますね。

ただ声にメロディーを載せるだけではなく、

なにを伝えたいか?

誰に向けて伝えている歌なのか?
をもう一度考えてみましょう。

そうすると、
歌の世界がさらに深く広く伝わるものになりますよ(^^)

ではでは健康に気をつけて、
歌を楽しみましょーう♪