《その震えはビブラートではないのかも!?》

こんにちは。

ヴォーカルボイス講師のMaimieです。

全国的にコロナ感染者が増え、
自粛で自宅での時間が増えましたね!

私は最近、
DAMカラオケのAI採点アプリにハマっていて
毎日自宅がカラオケボックス化しています(笑)


項目がいくつかあるのですが、
今日はそのうちの一つ


ビブラート、ロングトーン


についてのお話です。

私は、
昔ビブラートぐせ(語尾の震え
がありました。

師匠やトレーナーの方に恵まれ、
コントロールできるようになりましたが、
最近では1日10レッスンをすることもあり
そういった日の後に
ずっと高音の続いたアップテンポの曲を歌ったりすると
さすがに語尾が揺れて
違和感を感じる時もあります^^;


そこで、
お知り合いの
ウエイトトレーナーの方に相談したところ、
とても面白い話を聞かせて頂きました!

皆さんはお買い物に行ってたくさん
買い物袋に詰めて自宅まで歩いて帰り
自宅に着いて荷物を置いた直後数分間

“腕がぷるぷる…”

なんて経験はありませんでしょうか?


そうです。
腕の筋肉に負荷をかけすぎた結果
硬くなってしまい、
緩めた瞬間にこういった現象が起きるそうです。


喉も同じで使いすぎは負担がかかってしまいます。

歌やスピーチ、
会議などで喉を使う際は
ウォーミングアップや
ストレッチなどの柔軟を加えることで
負担が軽減されるんですよ〜

また、
たくさん使った後は
ゆっくり湯船につかって
あたためたりすると良いですよ♪

歌やスピーチ、台詞読み
の際は少し取り入れてみてくださいね!

Maimie