忘年会や新年会でカラオケをするときの選曲のコツ!

こんにちは!
ボイストレーナーのまついえつこです。


師走に入り、
日ごと寒さが募りますね。
風邪など引かないようにお気をつけください。


年末年始はクリスマスや忘年会、
新年会などで
カラオケを歌う機会がある方も多いのでは?


今日は二人以上でカラオケするときの
選曲のコツをご紹介します!


基本的に、
二人以上でのカラオケは

「接待」

だと

認識しましょう。


ご自身が歌いたい曲であることはもちろんですが、
同席するお相手もご存知の曲だと良いですね。


もちろん、
お相手にも覚えてもらいたい曲なら歌ってください。


好きな歌手が共通している方となら、
その歌手の曲しばりで歌っていくのも楽しいですね。


また、
会社などさまざまな世代の方と同席するなら、
なるべくみなさんがご存知の曲だと楽しめますね。


カラオケランキングで毎年上位に入る曲を
普段からチェックし、
こっそり練習するといいでしょう。


バラードの曲はスローテンポ。

そればかり続くと落ち着きすぎてしまうので、
直前にバラードが入っているなら次は
アップテンポな曲を選び、
めりはりをつけましょう。

また、
お酒が入ると酔っ払って
怒鳴るように歌いがちになります。


アルコールは揮発しますので、
呼吸で喉をさらに乾燥させ,

喉に力を入れると炎症が起こりやすくなります。


適度に飲みましょうね!

喉が痛くなったのであれば、
歌い続けても良くはなりません。

悪化します。

氷の入っていないお水やアイスティー、
アイス緑茶などでクールダウンするのがおすすめです
(烏龍茶は喉の油分も取り除いてしまうので不向き)。


では、
あなたのカラオケライフがさらに輝くことをお祈りしています!