【全集中の呼吸は休符と隣り合わせ】

こんにちは。
ボイトレ講師Maimiです。
 
今日はお題にもある『休符』について。
 
休符?

シャイニーミュージックに通うには
譜面が読めなきゃいけないの?
 
と不安になられた方。
ご安心下さい。
 
私もかつては音符が大っ嫌いでした。
音楽理論なんてちんぷんかんぷんすぎて
泣いて習得した内容でした(笑)
 

そんな方でも簡単に音符が覚えられて
しかも抑揚がつけられて長いフレーズも
ブレずも歌えるようになる呼吸の練習が
あるんです!

その内容を習得するにはまず

『休符を感じること』
 
休符というのは音楽を奏でる中でとで
とても大切な役割を果たしています。
 
ただ、 
おやすみ するわけではなく、
ボーカルや吹奏楽では
『ブレス』にも大きな影響を与えます。
 
 
皆さんはJーPOPを聴いていて
この曲出だしがなんだか
グッとくるなぁと感じたことはありませんか?
 
例えば
今大人気のLisaさんの炎

Aメロ出だしからいきなり

おやすみしてから

『さよなら〜 ありがとう〜 声の限り〜』

となっていますね。

この休符を感じることにより
しっかり息を吸えるので

出だしからなんだか
グッときます(^^)

強弱というのは
ただ、
アクセントをつけて歌うだけではなく、
ブレスコントロールにも深い関係性があるのです。
 

難しそうに聞こえますが、
普段意識していない『呼吸』
ただ意識をする

そう。
全集中の呼吸をするだけです!

休符を感じる
ブレスを感じる
そしてグルーヴを感じる

これができると
歌い方にも変化がでてきます。
 
少しでも
『気になる!』と思った方は
お気軽に体験レッスンにいらしてください♪
 
Maimi