milet×Aimer×幾田りら 息がぴったりの「おもかげ」FirstTakeバージョンを解説しました。

  • HOME
  • 講師ブログ
  • milet×Aimer×幾田りら 息がぴったりの「おもかげ」FirstTakeバージョンを解説しました。

こんにちは!
ボイストレーナーのまついえつこです。


今回は梅雨のじめじめ気分を吹き飛ばす、
爽やかな曲


『おもかげ』


をご紹介します。

現役大学生のマルチアーティスト
Vaundyさんが手がけた曲で、
今をときめく歌手3人


milet(ミレイ)さん


Aimer(エメ)さん


幾田りらさん


が歌った
FirstTakeバージョンを解説します。

シャッフルのリズムで心躍りますね。


1番Aメロ
もう何も見えないふりをしていた」は


Aimerさんのソロ。

息をたっぷり含ませたウィスパーボイスが
セクシーですね。

曲中で一番低い音域ですが、
息を含ませることで出しやすくなります。

影も僕を見ていた」では

幾田りらさんが
オクターブユニゾンで控えめに支えます。

1番Bメロ
失くしたことで流れ着いた」は


milet さんのソロ。

なーがーれー」の


シンコペーションが
バウンドして心地よいグルーヴを生んでいます。


1番サビ 「僕らは」の

」、

こうして」の

」の
フォールして落ち着く音程が
全員揃っているので、
まとまり感が良いですね。


休符の感じ方も一緒なので、
まさに息ぴったり。

2番Aメロ
夜になって思い出した」からは


幾田りらさんのソロ。


細かいひっかけこぶしが個性的。

唯一無二の弱者」の


しゃ」に
エッジボイスがかかっていて、

ニヤリとさせます。

3人とも、
ソロをとったりハモりに
回ったりしていますが、
音量のバランスの気配りがすごい!


お互いを見合わせながら
歌っているので、
自然と笑顔になっていますね。


心が重なり合うような、
ハッピーな気持ちに包まれます。


誰かと歌う時は、
相手とたまに目を見合わせてみてください。


声にまとまりが出てきますよ!