ボ-カルテクニック  エッジボイスのコツ

シャイニーミュージック代表
ボイストレーナ-斉藤信也です。

最近、発声についての
質問メールがよくきます。
声の悩みにはしっかりと
お答えしていきたいと思っております。

「エッジボイスのやり方がわかりません。
 コツなどあればぜひ、教えていただけますか。」


エッジボイス

聞いたことある方、ない方、
いらっしゃると思いますが、
エッジボイスはとは
歌唱テクニックのひとつです。

そして、
ボイストレーニングでは、
声帯閉鎖のトレ-ニングとして
行うこともあります。

平井堅さん、
ONE OK ROCK のTAKAさんが
よく使ってます。

エッジボイスが上手くできない方へ
コツについて説明いたします。

まずは、上体をリラックス
させてください。
力を入れない脱力状態。

そこから口を開けたまま息を吐きます。
一瞬止めます。
止めた状態をキープ。
そこから声帯閉鎖を意識して
息を声帯にあたるイメージで
声を出します。


アーアーと声を出して。
ガラガラガラと不気味な音がでたら
それがエッジボイスです。

出し方のコツとしては
声帯の振動数が少ない
低い声でやるのがよいでしょう。


自分の最低音あたりだと
エッジボイスになりやすいと
思います。

上手く出来ない方は
低音のハミングから
エッジボイスに
持っていくやり方もあります。

口を閉じたハミング状態から
ん〜アー
口を開けるとガラガラガラと
エッジボイスになると思います。

低い音とは、
自分の出せる限界の低音あたりまで
持っていくと
自然にエッジボイスになっていきます。

そして、
エッジボイスが出来るように
なったら
歌の応用として
低音のエッジから少し高い音へ
しゃくりながら声を出す練習に
切り替えていくと。
歌のテクニックとして
使えます。


あと、
エッジボイスからファルセットへの
切り替えの練習も
声帯コントロールの練習としては
最強です。
表現力の幅が広がっていきます。

ぜひお試しください!